2017.1.22 FINLAND 2 ~ ヘルシンキ空港からのロバニエミのホテル到着 ~

ロバニエミへ行く飛行機の乗り継ぎ時間が約4時間。
ヘルシンキには15時について、16時30分ロバニエミ行きの飛行機があるけど、お安いツアーではそうもいかない。
それに乗るには赤い表紙のパンフレットで申し込まないとダメなんだろうな。
まぁ今回のツアーは24名という大所帯なので、全員が乗ろうと思うと遅い便になるんだろうと、そう思うことにしました。

全員が国内線のロビーに集合して、ここで初めて今回のツアーのみなさんと顔を合わせました。
添乗員さんから滞在中の注意事項やOPツアーの申し込みなどの説明があって、いったん解散。
展望デッキがあるみたいだったので、行ってみました。

いい感じに夕暮れています。
f0373905_13501143.jpg

ここからは外に出られなさそう・・・と思っていたら、ここはバーのテラス席だったみたいです。

ヘルシンキは、まだそんなに寒くなかったです。
f0373905_13512214.jpg

緯度的には北海道ぐらい。

これ以上外に出られないので、ロビー内を歩いてみます。

フィンランドに来てまでTOYOTA。
f0373905_13554855.jpg

今TOYOTAで一番売れている車だとashuさんが言っていましたが、本当ですか?

ゲートとゲートの間にお店が並んでいます。
f0373905_13564329.jpg

左端を歩いているのは、ashuさん。
どこの雪国にいくんでしょう?って格好です。
いや、行くんですけどね。
ヘルシンキぐらいなら冬の東京と同じような服装で大丈夫です。

目からビームを発射しそうなにょろにょろ。
f0373905_13583325.jpg


人生に疲れたような哀愁漂うスナフキンと、メタボ検診で絶対引っかかりそうなムーミン。
f0373905_13593639.jpg


正面から撮るのはやめた方がいい。
f0373905_140965.jpg


ジュースなのか、お酒なのか不明。
f0373905_1404651.jpg


サルミアッキのウオッカ。(らしい)
f0373905_1432675.jpg

サルミアッキ初心者にも飲みやすいらしいですが、アルコール度数は40度もあります。
私ならにおいだけで酔えそうです。

こちらは普通のウオッカ。
コスケンコルヴァという、フィンランドの銘柄。
f0373905_1442545.jpg


ムーミンコーヒーのウィンターバージョンのパッケージ。
f0373905_1472016.jpg

ちょっと気になったけど、家にはコーヒーメーカーがないので。

子ども用のチョコレート。
f0373905_1482365.jpg


ココのメーカーのもののようです。
f0373905_1484236.jpg


マリメッコのパッケージに惹かれて買うと、大変な目に合う。
f0373905_1492543.jpg

リコリス(甘草)のキャンディ。
何も知らずにばら撒くと、友だち失くします。

こちらがサルミアッキのキャンディ。
f0373905_14103880.jpg

これも冗談のわかる人だけに配りましょう。

今度フィンランドに行く機会があったら、大袋でお土産にするね、のりぃ(はーと)。

機内食を食べたけど、小腹がすいたのでなにか食べようとお店を物色。
ちゃんとしたレストランもあったけど、そこまでお腹もすいていないので、サンドイッチにしました。
大きかったので、半分に切ってもらいました。
f0373905_14131936.jpg

サンドイッチと日本から持ってきた非常食で小腹を見たし、再びぶらぶら。

ぶらぶらするのも飽きたので、搭乗口に行ってみました。
ロバニエミ行きの飛行機の前に、ベルリン行きが出るみたいです。
f0373905_14145015.jpg

国内線エリアにいるつもりが、国際線も出るんだな。

ゲートのカウンターにゲート番号が表示されています。
f0373905_1415445.jpg


あ~やっとロバニエミ行きの表示が出ました。
f0373905_14161839.jpg

この時点ではオンタイムでしたが、雪のために使用機材の到着が遅れ、出発も1時間ほど遅れました。
ヘルシンキ空港はアナウンスがないので、自分でゲートなりボードで確認する必要があります。
そう考えると、日本の空港って親切だな。

約1時間遅れて搭乗です。
f0373905_14182891.jpg


滑走路は雪で真っ白です。
f0373905_1419144.jpg


ヘルシンキから約1時間のフライトでロバニエミに到着です。
サンタクロースのホーム空港らしいですが、サンタさんのそりって空港から飛ぶの?
f0373905_14202389.jpg


バゲージクレイムの動物。
f0373905_14204898.jpg

f0373905_14205948.jpg


天井にはサンタさん。
f0373905_14212093.jpg


全員荷物をピックアップして、ホテルに向かいます。
現地時間の22時ですが、日本時間では23日の午前4時です。
ねむい・・・・
はずが、建物の外に出て目が覚めました。
吹雪いています、気温はマイナス10℃です。
お着物のご婦人、足元は足袋に草履だったけど、この雪で濡れてしまうんじゃ?
なんのなんの、ちゃんと悪天候用のカバーを装着していました。
そして見事に着くずれなし。
着なれてるってっすごい。

空港からホテルまでバスで約15分。
今回のホテルは、丘の上に立つ、ラップランド ホテル スカイ オウナスヴァーラ です。
二階建てのホテルの1階にお部屋がありました。

部屋に入ると2段階段を登って、ベッドルームです。
f0373905_1426561.jpg


入り口側は広々。
f0373905_14271975.jpg

スーツケース2個、楽に広げられます。

今回はバスタブなしのシャワーのみのお風呂でした。
f0373905_14284753.jpg

床が温かいので寒くはないですが、オーロラ鑑賞で冷え切った体にはバスタブが欲しかった。
お金を出せば、サウナ付きのお部屋になるんだろうけど。
共同のサウナはあったけど、時間が18時から21時までなので、入る時間がありませんでした。

洗面台はシンプル。
f0373905_14304837.jpg


ベッドの上に可愛いワンコがいました。
f0373905_1431897.jpg

宿泊の特典、なわけがなく、スーツケースに入れた瞬間に料金が発生します。

すでに24時間起きているような気がしますが、このホテルはオーロラ観測用のデッキがあるので、どんな感じが見に行くことにしました。

ホテルからロバニエミの市街地方面。
f0373905_2132596.jpg

あ・・・明るい・・・

ちょっと角度を変えて。
f0373905_14343654.jpg

明るすぎる・・・・

ここでオーロラが出たら、きれいなんだろうけど、街明かりが明るすぎてよっぽど明るいオーロラじゃないと見えないんじゃないかと。
f0373905_14345381.jpg

でも、もう今日は疲れたのでこの辺にして寝ます。
明日はサンタクロース村に行くし。

そんなこんなでロバニエミの夜は更けていくのでありました・・・












[PR]
Commented at 2017-04-27 23:36 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ashu_namy_season2 at 2017-04-29 15:14
〉 鍵コメ さま

いやいやそんなことおっしゃらずに(笑)

続きは気長に待っててね。
by ashu_namy_season2 | 2017-04-26 14:37 | 2017.1 FINLAND | Comments(2)

namy このブログの管理人。ヤサグレることも多いけど私は元気です。                     ashu namyの尻に敷かれるのが家庭円満の秘訣です。


by ashu_namy_season2