2017年 09月 15日 ( 1 )

建仁寺の拝観を終えて、そろそろお腹が空いたね~
なんかにぎやかな通りがあるから行ってみよう。
と、そこがどこなのかも知らずに歩いていました。

あ、なんかドラマで見たことがあるような小路。
f0373905_14380699.jpg
そうか、ここが祇園だったんだ。と、気が付きました。
夕方になるとホンマモンの舞妓さんや芸妓さんに会える場所です。

そんな祇園のランチのお値段は、かなりいいお値段します。
日替わりランチ680円、というわけにはいきしまへん(と、なぜか京都弁)。
バス通りまで出たらお安いお店もあるやない?ということで、祇園をぶらぶらバス通り方面に歩いていましたら、素敵な町屋がありました。
f0373905_14381527.jpg
お店の看板らしきものはなかったのですが、壁にランチメニューが貼ってあったので、ランチがいただけるお店のようです。
ちょっと敷居が高そうな雰囲気でしたが、勇気をだして木戸を開けて入店。


お店の名前は、祇園 萬’燕楽 さん。
こちらがいただいたお昼のセットメニュー。
外国から来た観光客向けに、英語の表記もあります。
f0373905_14382433.jpg
ランチは680円、できれば600円というひそかなポリシーを持つashuさんも、せっかく京都まで来たのだからと大奮発。

この設えは、夜はお酒が飲めるお店になるっぽい。
f0373905_14383524.jpg


まずは京のおばんざい5種。(撮影の許可をいただいています。)
f0373905_14384388.jpg
・とうがんの冷やしあん
・かつおのたたき
・茄子いなか煮
・カレイの南蛮漬け
・ひじき

あ~もうすぐにでも「白いご飯ください」って言いたかった。


初めて食べた湯葉の刺身。
f0373905_14385232.jpg
京都って行ったら湯葉と湯豆腐が有名です(よね?)




冷やしおでん
f0373905_14390246.jpg
添えてある柚子こしょうで食べるのがおいしかった。
おでんってあったかいほうが絶対おいしいっておもっていたけど、冷たいのもありだな。
ashuさん的にトマトの皮がむいてあったのがよかったらしい。(そこかよ?)



秋鱧と野菜のてんぷら。
f0373905_14391099.jpg
鱧のてんぷら、絶品。



ご飯ものは、湯葉の卵ごはんと、なめこおろしうどんから選べます。
当然1個づつ選びました。

「湯葉の卵ごはんってなに?卵がかかってるの?」

「知らんよ。でも、かけって書いてないから、卵かけご飯じゃないよ。あ~湯葉が卵でとじてあるんじゃない?たまご丼的な感じ。」

こちらが湯葉の卵ごはん。
f0373905_14391901.jpg
namyさん正解。
親子丼の鶏肉が湯葉に変わったと思ってください。
優しい味付けで、ashuさんばくばく食べてました。
ちょっと、私の分残しておいてよね~


なめこのおろしうどん。
f0373905_14393234.jpg
こちらは想像通り。
でも、薄味なんだけど、しっかりお出汁の味がしてとてもおいしかったです。
でも、贅沢をいえば、うどんはやっぱりあったかいほうがいい。


デザート。
f0373905_14394608.jpg
・祇園 辻りの抹茶アイス
・五条半兵衛麩の生麩のみたらし
・井筒八ッ橋の八ッ橋
・わらび餅
という、豪華なデザートでした。

ashuさん的には生麩のみたらしはなくても良かったらしいですが、私は生麩が好きなので、だったら私にちょうだいよってとこでした。
これで税込2,000円はお安いと思います。
雰囲気のいい町屋でいただく、京都の食材を使ったランチ、お勧めです。(特に女子に)

そして、この萬’燕楽さん、家に帰ってからまっぷるを見ていたら、載っていました。
家にあるのは古いまっぷるなので、その時はまだランチはやっていなかったみたいでした。
おお~ガイドブックに載っているお店に(知らないうちに)行っちゃったよ~。
場所は、祇園の歌舞練場の近くです。
説明ができないので、自力で探していってください。(笑)

お腹もいっぱいになったことだし、清水寺方面まで腹ごなしに歩きます。



















[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-09-15 15:11 | 2017.9 京都 | Comments(0)

namy このブログの管理人。ヤサグレることも多いけど私は元気です。                     ashu namyの尻に敷かれるのが家庭円満の秘訣です。


by ashu_namy_season2