2017.1.25 FINLAND 11 ~ ヘルシンキ その1 ~

ジュースを飲んでいたら、あっという間にヘルシンキに到着。
日本に帰る飛行機は夕方なので、半日ヘルシンキを観光します。

バスに乗って市内に移動。
現地のガイドさんと合流してまずは、元老院広場に向かいます。
f0373905_14222878.jpg

ヘルシンキ大聖堂の前に広がり、大晦日にはカウントダウンが行われることでも知られる広場。
中央にはロシア皇帝アレクサンドル2世の像が、市内を見守るように建つ。
広場から大聖堂への広い階段は、市民の憩いの場となっている。
らしいですが、1月の寒空の下では憩う人もいない。
中央の像がアレクサンドロス2世さん。

詳しいことは皆目わかりませんが、趣のある建物。
f0373905_1428459.jpg


この広場の上に、ヘルシンキ大聖堂が建っています。
f0373905_14284918.jpg


凍っていたら間違いなく転がり落ちそうな階段。
f0373905_14292594.jpg


午後12時からミサが始まり、ミサが始まったら教徒以外は入場できません。
12時までまだすこし時間があったので、中を見学することができました。
f0373905_14304960.jpg
f0373905_14305824.jpg
f0373905_1431829.jpg
f0373905_14311917.jpg
f0373905_14312890.jpg

フィンランドの首都ヘルシンキのほぼ中央にある。この大聖堂はフィンランド福音ルター派教会ヘルシンキ教区に属している。1917年のフィンランドの独立までは「聖ニコラウス教会」と呼ばれていた。

ヘルシンキの中央の市街の風景の特色あるランドマークであるこの教会は1830年から1852年にかけてネオ・クラシック様式に改築された。カール・エンゲルによって独自にデザインされ、彼の後継者であるエルンスト・ロールマンによって継承された。

今日最も有名なヘルシンキの観光名所である。毎年350,000人を越える人々が教会を訪れ、その中には宗教儀式に参加するものもいる。教会は通常、信仰の奉仕と結婚式のような特別なイベントに使用される。

大聖堂の屋根には12使徒の真鍮の彫刻がある。 これは世界最大の真鍮彫刻の一様のコレクションである
(wikiより)

ミサが始まるので外に出ます。
少し青空が出てきました。
f0373905_14335114.jpg
f0373905_1434110.jpg


集合は元老院広場なのですが、急こう配な階段は降りるときのほうが怖い。
f0373905_14345847.jpg


もう少しお天気が良かったらよかったけど、贅沢は言うまい。
f0373905_14354434.jpg

f0373905_14355350.jpg


元老院広場からオールドマーケットまで徒歩で移動します。
この道路の奥がヘルシンキのザギンと言われる、エスプラナディ通り。
f0373905_14402058.jpg


奥に見える茶色の教会は、北欧最大のロシア正教の教会、ウスペンスキー寺院。
f0373905_14411677.jpg

時間があれば行きたかったけど。

トラムも走っています。
f0373905_1442155.jpg

車道にも歩道にもほとんど雪がありません。
気温もマイナス3度ぐらいなので、ロバニエミ仕様だとちょっと暑い。

とはいうものの、海も凍るぐらいは寒い。
f0373905_14431685.jpg


では、オールドマーケットに行きます。
f0373905_14441643.jpg


なんかね~ちょいちょいashuさんがフレームインするんだよね・・・・
まぁいいけど、さ。












[PR]
Commented at 2017-06-04 11:53 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ashu_namy_season2 at 2017-06-07 09:57
> 鍵コメ さま

残念ながらいけなかったんですよ~
wiki先生に聞いたら、素敵な天井だったんですね~

次回(があるのか?)こそは!
by ashu_namy_season2 | 2017-05-16 14:44 | 2017.1 FINLAND | Comments(2)

namy このブログの管理人。ヤサグレることも多いけど私は元気です。                     ashu namyの尻に敷かれるのが家庭円満の秘訣です。


by ashu_namy_season2