人気ブログランキング |

2018.5.17~18 18回目の結婚記念日旅行は蓼科へ その3 ~ 蓼科大滝とホテル親湯のラウンジ ~

白駒の池を後にして、再びメルヘン街道を走ります。
f0373905_09580606.jpg
夏に避暑にきたら気持ちがいいんだろうなという林が続きます。

f0373905_09581176.jpg

対向車も来ないので、道路幅が少し広くなっているところで車を停めてみました。
こういう風景を見ると、白いワンピースを着てつば広の麦藁帽子をかぶった女の子を想像してしまう。
憧れなんでしょうかね?

我が家の古いナビとグーグル先生の教えの通り蓼科大滝に向かっていたら、ついうっかりホテルに来てしまいました。
f0373905_09581699.jpg
っていうか、ナビの通りに走ったらホテルに着いたって感じ。
チェックインの時間にはちょっと早いけど、大滝まで歩いていけるようなら歩いていこうということになり、まずはチェックインの手続きにフロントへ。

ホテルの前には湯川という川が流れていて、この川を少し下ったところに大滝があるようで。
f0373905_09582121.jpg


2018年4月にリニューアルオープンしたらしい。って、つい最近じゃん。
本館(になるのか?)はピカピカ。
f0373905_09582416.jpg


蓼科親湯温泉というのが正式名称らしい。
大正15年か~
f0373905_09582723.jpg



では入館。
f0373905_09582922.jpg



館内は落ち着いた、大正ロマンっぽい感じです。
f0373905_09583234.jpg


広々としたラウンジ。
f0373905_09583530.jpg


ashuさんがチェックインの手続きをしている間に周りを見渡してみると、本がたくさん詰まった本棚がありました。
なんかとってもおしゃれな図書館のような。
f0373905_09584988.jpg




オーナーが本好きで、蔵書は30,000冊以上あるとか。
ラウンジで読書が楽しめます。
f0373905_09585219.jpg




お酒を楽しみながら、なんてことも。
f0373905_09585462.jpg




ドストエフスキーは罪と罰ぐらいしか知らない。
f0373905_09585713.jpg





漱石から
f0373905_09590152.jpg



ハリーポッター
f0373905_09590425.jpg



なんなら銀河鉄道999
f0373905_09590728.jpg



こんなところで遭遇するなんて
f0373905_09591023.jpg

下手な図書館より豊富な蔵書なんじゃないかと。
ただ、逆襲のシャアは中篇しかなかったのが残念。
もしかしたら探せばあったのかも。
このほかにも哲学書からライトミステリーまで、幅広い本がありました。



お土産屋さんの一角には駄菓子コーナー。
f0373905_09591311.jpg



懐かしい駄菓子がたくさんありました。
f0373905_09591864.jpg
駄菓子と一緒にサルトルやらが並んでいるのがおもしろい。





三島由紀夫の横には化粧品でしてよ。
誰が考えたのか、なかなかユニークでした。

f0373905_09592084.jpg


チェックインの手続きは済んだけど、お部屋に入れるのは15時からだというので、蓼科大滝に行ってみることにしました。
フロントのおねいさんに聞いたら、ホテルを出て右に300mぐらい歩くと下に下りる道があるからそこからいけるということ。
では、三脚を持って行ってみましょう。



ホテルの玄関にも素敵な机がありました。
f0373905_09592366.jpg


机の上には、伊藤左千夫。
f0373905_09592625.jpg
ashuさんに「民さんは野菊のようだ」「私が?どうして?」「僕がそう決めたんだ。」と小芝居をやったら、「なにそれ?」といわれた。

では、大滝に向かいます。
ホテルを出て右に歩いて約300m・・・なんか看板あるよ。
ここからいけるらしい。
f0373905_09592852.jpg



え?ここから?
f0373905_09593165.jpg
お・・・落ちない?
なんかちょっと足元が揺れるような気がしないでもないけど。
この階段を過ぎたらあとは、山の中の人が歩いて作ったであろう道。
「ホントにここ?」と不安がるashuさんを尻目に、「GO!GO!」

着きました。
f0373905_09593485.jpg


思っていたよりも小さいけど蓼科大滝。
白駒の池より標高が700mぐらい低いので、緑はこちらのほうがきれい。



ちょっとズーム。
f0373905_09593679.jpg


足場が悪いので、三脚を立てる場所を考えないといけません。
まずは手持ちで何枚か。

f0373905_09593909.jpg




f0373905_09594297.jpg




f0373905_09594523.jpg





今回はashuさんがNDフィルターを貸してくれました。
NDフィルターをつけると、スローシャッターにしても水が白飛びしません。
f0373905_09594733.jpg




f0373905_09595002.jpg




f0373905_09595316.jpg




f0373905_09595559.jpg




f0373905_10000109.jpg




f0373905_10000368.jpg




f0373905_10000691.jpg




f0373905_10000991.jpg




f0373905_10001358.jpg

あまり動ける場所がないので、そろそろ戻ることにしました。
降りてきた道を登るのが一番早いような気はしますが、なんとなく川に沿って下ったらもう少し楽な道があるような気がして、川沿いに歩いてみました。
この川沿いも苔の森が広がっていますが、ここには小さな花が咲いていたので、せっかくマクロレンズを持ってきたので使ってみました。
f0373905_10001819.jpg




f0373905_10002195.jpg




f0373905_10002318.jpg




f0373905_10002634.jpg





この根っこ、すごいでしょ。
こんな石の上でも根を張るんだねぇ。
f0373905_10002961.jpg





こっちも。
この岩が仏像の頭だったりしたら、カンボジアみたいだねぇ。
f0373905_10003215.jpg







よく倒れないもんだ。
f0373905_10003586.jpg


コンデジでも撮ってみたけど、白っぽくなって苔の森感が少ない。
f0373905_10003810.jpg


この時間がこの日一番の日差しだったからな。
f0373905_10004102.jpg


標高2000m超えの白駒の池は寒かったけど、700mさがるとこんなに暑いのかっていうぐらい暑くて、着ていた上着と長袖のTシャツを脱ぎました。
で、このまま川沿いに歩いても道路に出られなさそうだったので、結局元来た道を登りました。

ホテルの入り口にあった地図。
なんか車で行けそうな雰囲気だったけど、結局歩いてしかいけませんでした。

f0373905_10004728.jpg


滝から戻ってきたら15時を過ぎていたので、お部屋に案内してもらいました。















Commented at 2018-05-24 21:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ashu_namy_season2 at 2018-05-29 10:20
> 鍵コメ さま

こちらこそご無沙汰しています。
おかけ様で元気に暮らしています。

ホテル親湯、なかなかいいホテルですね。
近くにスキー場もたくさんあるし。
夕食のカレー、激うまでした。
もちろんおかわりしました。(笑)
今回は1泊だけでしたが、連泊してラウンジで本を読みふけりたくなりました。
いろいろありすぎて目移りしそうですが(笑)

by ashu_namy_season2 | 2018-05-24 10:41 | 2018.5 信州 | Comments(2)

namy このブログの管理人。ヤサグレることも多いけど私は元気です。                     ashu namyの尻に敷かれるのが家庭円満の秘訣です。


by ashu_namy_season2