<   2017年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

忘れたころにやってくる伊勢旅行紀。
途中まで書いたのに、うっかり消えてしまって2回目を書いてます。

月夜見宮の参拝を済ませた後は、伊勢駅前まで歩いてきました。
f0373905_10511441.jpg

まずは大きなお土産屋さんで土産物の物色アンド試食。
ここでばらまき用の大袋土産を買って、小腹も空いたのでランチ。
せっかく伊勢まで来たのだから、伊勢うどんを食べてみることにしました。

太めのうどんを濃いめのお出汁でいただきます。
f0373905_10525013.jpg


混ぜると焼うどんみたいになります。
f0373905_10531481.jpg

では、いただきます。
う~ん・・・コシがない・・・
伊勢うどんは、うどんを柔らかく煮るのが一般的なようですが、コシのあるうどんが好きな私的には2回目はなくていいかな?という感じでした。
歯が悪くなった実家の父には、うってつけかも。

うどんを食べた後は、某テレビ番組でやっていた、評判のパン屋さんがこの近くにあることを思い出し、グーグル先生の力を借りていってみました。
が、テレビで紹介された割に人気がない。
休みかなと思ったけど、CLOSEの看板もなし。
ドアを開けてみたら、開く。
ということで、お店の中に入ってみたら、パンが一つもない。
?????と思っていたら、奥から(テレビで見た)オーナーさんが登場。
「全部売れちゃいました・・・・」
マジか?残念。

では、次にむかうは、倭姫宮です。
外宮と内宮の中間ぐらいにあります。
外宮と内宮の間にある倉田山は緑豊かな土地です。ここには、別宮倭姫宮を取り囲むように、神宮徴古館、神宮農業館、神宮美術館、神宮文庫と、伊勢神宮の文化施設が集中しており、神宮を知るには最適です。

ということらいいですが、まずは倭姫宮へ。
f0373905_111525.jpg

倭姫宮は内宮の別宮で、天照大神の御杖代(みつえしろ)となって、皇大神宮(内宮のことね)ご創建に功績のあった倭姫命(やまとひめのみこと)をおまつりしています。倭姫命はお祭りを始め、摂末社や御料など神宮の基礎を定められました。

具体的には誰?って、wikiに聞いてみました。
倭姫命(やまとひめのみこと。生薨年不明)は、記紀に伝える古墳時代以前の皇族。第11代垂仁天皇の第4皇女。母は皇后日葉酢媛命。天照大神を磯城の厳橿之本(笠縫神社、檜原神社比定)に神籬を立てて、垂仁天皇25年3月丙申、伊勢の地に祀った(現・伊勢神宮)皇女とされ、これが斎宮の直接の起源であるとも伝えられている。
うん、よくわからないけど、実在の人みたいです。

では、お詣り。
f0373905_1182519.jpg
f0373905_1183732.jpg


拝殿の横の空き地は、古殿地。
f0373905_1195684.jpg

遷宮の時に、この場所に新しいお社を建てて、神様のお引越しをします。
なので、次の遷宮の時には、この場所に新しいお社が建てられます。

ご朱印。
f0373905_119333.jpg


参拝を済ませ駐車場に戻る途中になにやら素敵な建物があったので、前まで行ってみました。
f0373905_1245257.jpg

神宮徴古館
明治42年、神宮の由緒と日本文化に関する資料を陳列する「歴史と文化の総合博物館」として開館しました。重要文化財をはじめ文化財を多数所蔵。遷宮で撤下された御装束神宝(おんしょうぞくしんぽう)や外宮御垣内の御饌殿(みけでん 正面部分)の実物などを展観しています。

入場は無料みたいですが、時間がなかったので正面玄関のアップで。
単館、または三館共通入場券がいるようです。
鍵コメさんに教えていただきました。
f0373905_12521559.jpg


こちらは神宮美術館。
f0373905_12524910.jpg

第61回式年遷宮を記念して平成5年に創設。東大を代表する芸術家が、式年遷宮を奉賛して神宮に奉納した作品を収蔵。幅広い分野に及ぶ作品は400点を越え、遷宮の歩みとともに我が国の美術史を展望できる美の殿堂を目指しています。
こちらも入場無料。
単館、または三館共通入場券がいるようです。
鍵コメさんに教えていただきました。

美術館の裏手に庭園があったので周ってみました。
f0373905_12562347.jpg

季節になればツバキや梅が咲くみたいですが、この時期はボタンが盛りを過ぎてひっそりと咲いていました。
f0373905_1257529.jpg
f0373905_12572277.jpg
f0373905_12573211.jpg
f0373905_1257454.jpg
f0373905_12575580.jpg


この後は夫婦岩に向かいます。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-31 12:00 | 2017.5 伊勢・鳥羽 | Comments(2)
f0373905_1025575.jpg


梅雨明け宣言が出たとたんに梅雨空のような曇天が続く今日この頃。

スカッと晴れた夏空が見たい。

そして大物が洗いたい・・・・

じっとりした日々が続きますが、皆様ご自愛ください。

と、エアコンを使わせてもらえない私が言う。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-30 10:26 | 日常のこと | Comments(0)
「23日は三太郎の日でマックでダブルチーズバーガーがもらえるから、日曜のランチはマックにしない?」

と、auスマホを使っているashuさんが言いました。
(ええ、もちろん私もauユーザーです。)

「いいよ~。」

「あ、だめじゃん!引き換え15時からだ!」


でも、すっかりお口がマックになっているので、持っているクーポンを駆使してのマックランチ。

f0373905_13252003.jpg

お二人様で850円。

最近のセットのサイドメニューってポテトだけじゃなく、サラダも選べるんですね~
知らなんだ。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-23 13:46 | グルメ | Comments(0)

はぴば ashu_namy

7月はashuさん、8月は私の誕生日です。
最初の頃はそれぞれお祝いしていましたが、年月を重ねると 面倒 まぁいいか~的な雰囲気になってきました。
でもまぁ今年は私が節目の年なので、ちょっと豪華にお祝いしちゃおうかと。
それじゃashuさんも ついでに 一緒にお祝いしましょうかということで、勝川プラザホテルのディナーに行ってきました。
ホテルディナーとはいえ、そこは勝川(おい)。
カジュアルな雰囲気で食事を楽しんできました。

いつもは飲まないワインなんかを飲んでみたり。
f0373905_13261377.jpg

なんちゃって。
これはブドウだけを絞ったジュースです。
ワインっぽくサービスされます。

前菜 高知県産初鰹のたたき ブルーチーズのソース
f0373905_13261451.jpg

今勝川プラザホテルのレストランでは、FDAとコラボしたフェアを開催中。
なので、FDAが飛んでいる土地の食材のお料理が出てきます。

このお料理を見た感想。
「みかんがコゲとぉ~」
オレンジです。コゲではなく、焼き目です。
トマトがでら甘かったです。

めちゃおいしかったクロワッサン
f0373905_13261657.jpg

皮はパリパリで、中はふんわりでバターの香りがよくって、あっという間に完食。
お代わりくださいっていったら、普通のフランスパンが出てきました。
フランスパンもおいしかったけど。

青森名物 グラタンフライ
f0373905_13261819.jpg

マカロニグラタンを春巻きの皮で包んで揚げたもの。
八戸のみなさまのソウルフードらしいです。

冷製 白桃のポタージュスープ
f0373905_13261979.jpg

白桃のポタージュ????
スープっていうよりネクターって感じ。
この1杯に桃何個使ってんだ?と考えてしまうぐらい、桃でした。

メインはお肉と魚が選べます。
私はお肉をチョイス。
石川養豚場から来たアイポークロースのグリル 林檎とはちみつのソース
f0373905_13262173.jpg

「端っこがコゲとぉ~」
ええ、確かに焦げていましたが、焦げの下は脂身でした。
ちょっと焦げの味がしたけど、さっぱりとした脂身でした。
お肉は柔らかくて、リンゴとはちみつのソースが絶品でした。
お肉の下には新潟コシヒカリのリゾットが敷いてあります。

ashuさんは魚をチョイス。
三河湾で取れたお魚のソテー 明太子グラタン仕立て
f0373905_13303282.jpg

この日の魚は、ハタでした。
淡白なハタに味の濃い明太子ソースがおいしかったですが、このコースならメインはアイポークのほうがいいかも。

デザート 本日のフルーツタルトとウランボワーズのソルベ
f0373905_13303311.jpg

タルトのスポンジの下は紙かと思ったら、薄いパイ生地でした。

そして、誕生日ケーキの登場。
f0373905_13303570.jpg

ashuさんが勝川プラザホテルのポイントカードメンバーで、誕生月に食事をすると特典でケーキがいただけます。
その場でカットして食べることもできますが、お腹がいっぱいだったのでお持ち帰りにしてもらいました。

そして記念撮影。
f0373905_13303788.jpg

最近の若い子は、上手にスマホを操りますね。

この日は春日井の納涼祭りで花火もあがりました。
見に行かなかったけど。

また来年の誕生月に期待しています。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-22 21:25 | グルメ | Comments(0)
今年で結婚して17年。
思えばいろいろありました。
GWが終わってすぐなので、なかなか休みが取り辛かったのですが、そこは派遣。
休みを入れればGWとか関係なく休めます。
ということで、初めて結婚記念日に旅行します。
行先は、伊勢神宮アンド鳥羽。
メインは伊勢神宮のご朱印です。

さて、GWも終わったし高速も空いているしすべてが順調、順調。
しかしハプニングは御在所SAでやってきました。

SA内のインフォメーションで偶然手に取った地図。
そこには、お伊勢参りと菓子博へは公共交通での文字。
中を見てみると、神宮周辺は交通規制がされていました、14日まで。
なんと目的のIC、伊勢西ICは出口規制がかかっています。
これを知らなかったら出口で大ゲンカをしていたところでした。

伊勢西ICで降りられないので、一つ先の伊勢インターで高速を降り、案内看板に沿って神宮外宮へ向かいます。
渋滞もなくスムーズに到着しました。

お伊勢さん詣りはまず、外宮から。
宮域内の案内図。
f0373905_14452588.jpg

広いです。

外宮の正式名称は豊受大神宮といい、衣食住を始めあらゆる産業の神様です。
表参道の火除橋をわたって、手水舎で手と口を清めて最初に見ゆるは勾玉池。
f0373905_14541591.jpg

この舞台では、観月会などが催されるとか。

それではお詣りします。
f0373905_14551080.jpg


神楽殿。
f0373905_1456692.jpg

お詣りをしてから、ここでご朱印をいただきます。

風宮からお詣りです。
f0373905_1457314.jpg

風の神様をおまつりする別宮です。
鎌倉時代の元寇のとき、神風を吹かせて日本をお守りになった神として知られています。
f0373905_145905.jpg


その隣は、多賀宮。
f0373905_14594276.jpg

豊受大神(とようけのおおみかみ)の(※)荒御魂(あらみたま)をおまつりする別宮です。
山の頂にあるため、古くから高宮(たかのみや)と呼ばれていました。
f0373905_1524684.jpg


※ 荒御魂とは
 神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態と言われています。

土宮
f0373905_1535621.jpg


大土乃御租神(おおつちのみおやのかみ)をまつる別宮です。
古くから山田原(やまだのはら)の鎮守の神としてまつられ、外宮創建後は宮域(きゅういき)の地主の神としておまつりされています。
f0373905_1562298.jpg


正宮
f0373905_157246.jpg

中に向かっては撮影禁止なので、ここから。
正殿を中心とする社殿は内宮とほぼ同じ様式ですが、鰹木は9本で千木は垂直に切られています。また、社殿の配置が異なります。
ということらしいですが、写真は撮れないので、ぜひ足を運んでみてください。

正宮の近くにあった、なにやらご利益のありそうな石。
f0373905_15105149.jpg

手をかざすとほんのり暖かいような気がするのは、気のせいか?

その近くには亀石。
f0373905_15114089.jpg


写真を撮っていたら、他の人が「こっちからのほうがカメに見えるよ。」と教えてくださいました。
その、こっちから見た亀石。
f0373905_15124863.jpg

確かに。

外宮のご朱印。
f0373905_15133793.jpg

なんかあっさり。

次は外宮から歩いて行ける月夜見宮に行きます。

外宮を出てすぐに石柱がありました。
f0373905_15174579.jpg

そしてashuさんが入る。

こんな趣のある建物がある通りを歩いていきます。
f0373905_1518342.jpg


外宮から歩いて7,8分で到着。
f0373905_15191212.jpg

f0373905_15195265.jpg

f0373905_1520625.jpg


月夜見尊(つきよみのみこと)と月夜見尊の荒御魂をおまつりする外宮の別院です。
月夜見尊は天照大神の弟神です。月夜見は月読とも書くようです。
f0373905_1525721.jpg


高河原神社
f0373905_15261229.jpg

外宮の摂社で、月夜見尊荒御魂をおまつりしています。宮川の高河原と言われた土地の開拓の守護神です。

月夜見宮のご朱印。
f0373905_15274118.jpg


謎のほこら。
f0373905_15281222.jpg


お昼近くになったので、伊勢市駅方面に行ってみます。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-21 12:00 | 2017.5 伊勢・鳥羽 | Comments(0)
毎日暑いですね。

この地方も梅雨明けしたとか。

今年の梅雨はあまり雨が降らなかったというか、局地的に振りすぎっていうか。

日本も温帯から熱帯になりつつあるんでしょうか?

さて、昨夜のこと。

「扇風機のコードを扇風機が踏んでいた」という、まことにささやかな理由でashuさんがキレました。

コードに踏まれた線が付き始めて、もう気に入らないことこの上なし。

私も気を付けてはいたんですが、ちょっと動かしたときに踏んだらしい。

なんかね、もう、いやんなって。

こうなったら意地でも扇風機を動かすもんか。

ということで、現在扇風機なしで過ごしています。

ええ、もちろんエアコンなんてついていませよ?

「オレが働いているのに、なんで休みのnamyだけが家にいるときにエアコンつけるの?電気代払っているの

オレだよ?」

という、大変心の狭い考え方なので、このまま熱中症になって倒れてやろうと思っています。

倒れたら、倒れた2,3日はエアコンつけても文句言わないからな。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-20 14:24 | 日常のこと | Comments(2)

お粥の国に行くのに

f0373905_16415448.jpg

出国直前のご飯がお粥でした。

では行ってきます。










.



[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-07 16:39 | 2017.7 台湾 | Comments(0)

2017.6.17 可睡斎と油山寺

可睡ゆり園のお隣に、可睡斎というお寺があります。
f0373905_1593174.jpg

ご本尊様は、秋葉三尺坊大権現様です。
火防にご利益のあるお寺です。
ここには宿坊もあり、予約すれば泊まることもできます。

では、お詣りします。
f0373905_15113818.jpg

年寄にはちょっと酷な石の階段があるので、足の悪い父を残し、ashuさんと二人でお詣りしました。

階段わきのカラス天狗と天狗。
f0373905_15133084.jpg
f0373905_15134059.jpg


三尺坊大権現の下駄。
f0373905_15141062.jpg


ご朱印をいただきました。
f0373905_15143149.jpg


そのあと、近くにある油山寺に向かいます。
f0373905_15152974.jpg

ご本尊様は、薬師瑠璃光如来で、目の仏様です。

山門のashuさん添え。(なんでいつも入ってくるかな)
f0373905_15172780.jpg

掛川城の大手門とかなんとか。

目に優しい青もみじ。
f0373905_1518322.jpg


光明稲荷入り口。
f0373905_15184065.jpg


そしてここも足の悪い年寄にはキツイ階段。
f0373905_1519390.jpg


父の分までお詣りしましょう。
f0373905_1519212.jpg


お詣りしたら、ご朱印をいただきます。
薬師瑠璃光如来
f0373905_1519566.jpg


軍善坊大権現
f0373905_15205451.jpg

健足の神様です。

お天気がよくて絶好のお出かけ日和でした。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-06 12:00 | 地元でご朱印 | Comments(0)
お昼を食べた後は、ふたたびユリの撮影。
ついでにレンズを105mmMACROに交換。
このレンズ、ずいぶん久しぶりに使うような気がする。

私にマクロレンズを持たせたら、こんな写真しか撮らない。
f0373905_14495136.jpg
f0373905_1450028.jpg
f0373905_1450855.jpg
f0373905_14501741.jpg

低い位置に咲いていて、風邪の影響を受けにくく、きれいに咲いていたので、この花の前に座り込み撮影。
広い空間に咲いているゆり園の中で、座り込んで接写しているのは私ぐらいなもんでした。

いや~しかし105㎜MACROはいい!
AFが早いし、インナーフォーカスだから、ぎりぎりまで寄れる。
あ~楽しい。
そしてしばらくマクロが続く。
f0373905_14532936.jpg

f0373905_14533999.jpg
f0373905_14534884.jpg
f0373905_14535770.jpg
f0373905_145498.jpg
f0373905_14541920.jpg
f0373905_14542798.jpg
f0373905_14543873.jpg


マクロレンズだけど、引けばこういう写真もちゃんと撮れる。
f0373905_14553570.jpg


で、また戻る。
f0373905_1456952.jpg
f0373905_1456203.jpg
f0373905_14562994.jpg


黒抜きにしたかったけど、失敗。
f0373905_14572023.jpg
f0373905_14573376.jpg


一心不乱に撮るashuさん。
f0373905_14581823.jpg

この方も同じ轍を踏まないように、長袖を着てきています。
エライ、エライ。

ユリに飽きたころにアジサイ登場。
f0373905_14592139.jpg

雨が少なかったので、少し元気がありませんが。

ここでもashuさんは一生懸命撮っています。
f0373905_14595916.jpg


このアジサイがちょっと変わっていてきれいだった。
f0373905_1503428.jpg


一回りして暑くなってきたので、園内の甘味処で休憩。
f0373905_152629.jpg

お庭を眺めながら、白玉ぜんざいをいただきました。
f0373905_1531193.jpg


私はあんみつ。
f0373905_1532231.jpg

同じ500円なら、あんみつのほうがコスパがいいとか思ってしまう。

休憩したら、もう少し撮って帰ります。
f0373905_154271.jpg

f0373905_1543783.jpg
f0373905_1545511.jpg
f0373905_155429.jpg


ユリを堪能したので、可睡斎と油山寺に行きます。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-05 12:00 | 2017.6 可睡ゆり園 | Comments(0)
「今年は花を見に行ってないねぇ~」「ゆり、行く?」
ということで、実家の父を誘って袋井にある可睡ゆりの園に行ってきました。
いつぞや芝桜を見に行ったときに大渋滞にはまって駐車場に入るまでに2時間かかって、大ゲンカをしたので同じ轍は踏むまいと、早朝6時30分に実家を出発。
ゆり園には開園前の8時30分に到着しました。
しかし駐車場にはたくさんの車。
入り口前の門の前にも開場を待っている人の列。
というか、最初の人はたぶん日陰に立っていただけなんだろうけど、律儀な日本人は並んでいるのだと思って列を作っていました。
大陸の民にも見習ってもらいたいものです。

開場まで門番のおじさんとしばし雑談。
「おじさん、上に行くまでに5分ぐらいかかるから門開けてくれない?」

「9時になってから開けないと、上(入場券売ってる人)に怒られちゃうんだよ~」

「ゆっくりあるくからさぁ・・・だめ?」

「う~ん・・・怒られちゃうからね~」

職務に忠実なおじさんです。

さて、9時になって開場し各馬一斉にスタート、じゃなくて、お待ちかねのみなさんが一斉に坂を登りはじめました。
父をashuさんに任せて、入場券の購入に向かいます。
大人おひとり様1,000円。

入場するとゆりのかぐわしい香りが・・・・漂ってきません・・・
晴天続きで空気が乾いているので、前回来た時ほど匂いませんでした。
(前回は雨の上がったばかりの曇天)

入ってすぐは赤色ゾーン。
f0373905_110329.jpg

まずはみなさんここで足を留めます。
父もashuさんもここで足が止まったので、先を促します。
だって、人ばっかりだもん。

奥に進むと黄色ゾーン。
f0373905_1114350.jpg

すかしゆりの一種で、たぶんイエローダイヤモンド。

これはタイニービー
f0373905_1142100.jpg

f0373905_1142065.jpg


たぶんル・レーブ
f0373905_1162580.jpg

オリエンタルリリーの一種。
f0373905_1164863.jpg


持って行ったレンズが70-300mmと、105mmMACROなんで、こんな写真ばかりです。
f0373905_1174988.jpg

f0373905_117587.jpg
f0373905_118861.jpg
f0373905_1181792.jpg
f0373905_1182653.jpg


精一杯の広角。
f0373905_1184826.jpg

f0373905_119374.jpg
f0373905_1194626.jpg


黄色ゾーンの反対側は、混色ゾーン。
混色ゾーンと言いながら、撮るのは白。
f0373905_11103088.jpg


木漏れ日を利用して丸ボケを作りたかったけど、うまくいかず。
f0373905_11121634.jpg


私的にはユリはうつむき加減が好き。
でも大抵のゆり園は、すかしゆりやオリエンタルリリーが多いから、花は上を向いている。
これはたぶんブライトダイヤモンド。
f0373905_11134672.jpg
f0373905_11135797.jpg


たぶんナボナ。
f0373905_1114638.jpg
f0373905_11141854.jpg


そりゃあ鉄砲百合だけじゃ寂しいもんね。
f0373905_1116265.jpg

f0373905_11164299.jpg
f0373905_11165382.jpg
f0373905_1117451.jpg
f0373905_11171646.jpg
f0373905_11172669.jpg


たぶんブルネロ。
f0373905_11233153.jpg


混色ゾーンなので、いろんなユリが咲いています。
f0373905_11235822.jpg
f0373905_1124879.jpg
f0373905_11242079.jpg

黄色が好きなせいか、黄色の花を撮ることが多いな~

私が思うゆりらしいゆり。
f0373905_11251336.jpg

最近のコは、こう。
f0373905_11254138.jpg


朝が早かったので、11時なのにお腹がすきました。
園内の食事処でお昼にします。
が、あまりにお腹が空いていたので、写真を撮り忘れました。
備忘録
てんぷらとうどんセット 1,300円。
ユリの根の天ぷらと、ざるうどんのセットです。
うどんのほかにお蕎麦もあります。
うどんはなかなかコシがあっておいしかったですが、父は「うどんが固い」と言っていました。
年を取るとはそういうことか・・・・と、ちょっと寂しく思ってみたり。

お腹がいっぱいになった後もゆりの撮影は続きます。

そしてブログも続きます。












[PR]
by ashu_namy_season2 | 2017-07-04 11:28 | 2017.6 可睡ゆり園 | Comments(0)

namy このブログの管理人。ヤサグレることも多いけど私は元気です。                     ashu namyの尻に敷かれるのが家庭円満の秘訣です。


by ashu_namy_season2